開業医の真実

開業医という存在

私は三ヶ月ほど前に歯科医院で治療してもらいました。
左下の親知らず付近の歯茎に出来た口内炎が出来た。
舌で触るとボコっと膨らんでいて、舌先でついいじってしまったんですよね。
すると痛みを感じるようになり、どんどん悪化していきます。
最終的には痛みのせいで、歯の噛み方を変えるほどの激痛を感じるようになりました。
数日様子見していても改善の見込みはありませんし、歯科医院で治療を受けるしかないと診察を受けました。
行ったのは近所の個人クリニックで、数回お世話になってる歯科医院です。
歯科医院の歯医者は40代前半ぐらいの男性で、見た目で結構若い感じです。
話し方も高圧的ではなく丁寧で、症状を詳しくきいてもらえました。
すぐに口を開いて症状を見てもらうと、口内炎が悪化してる、抗生物質が必要だと言われました。

開業医の経営状態

その時に口内炎付近に何か薬を塗り、その後内服薬をもらって治療しました。
さすが歯科医院の歯医者です。
その夜には痛みが引いてきたかな?と感じましたし二日後には普通に食事出来るほどまで改善しました。

歯医者の言いつけ通り、口内炎部分に刺激を与えずに薬を飲む、これが良かったようです。

私は若いころから歯科治療には苦労してきました。
小さいころは治療も結構痛かったのでつい通院がおっくうになって、その結果かえって治療が長引くことにもなりました。
大人になってからも歯医者通いには苦労しました。
虫歯治療が終わるとしばらくは歯医者に行かずに歯科検診を受けず、また痛みが出始めると慌てて行くという状態でした。

開業医たる所以

結婚して妊娠を機にきちんと治療をしようと知人に歯科医院を紹介してもらいました。
自宅から遠くなく、「治療が丁寧よ」という知人の言葉にその歯医者に決めました。
実際に先生は親切で、診察も治療も丁寧でした。
ほとんどの歯の治療が終わり、一番厄介な奥歯の治療の前に、丁寧な説明がありました。
何度も詰め物を交換して被せなおしてきた歯で、本来の歯自体が薄くなってしまっているとのことで、治療中に割れてしまうかもというのです。
私は簡単に考えて、第二案であるブリッジでとお願いしましたが、本来の歯を残すのが最良だとのことで、先生が手を尽くしてくれました。
虫歯になっている個所が相当根深くて時間もかかり、麻酔をしていても涙が出るほど痛みもありました。
それでもきちんと処置をしてもらい、通院して薬の詰め替えなどをして被せ物をして仕上げてもらった歯は、その後何年経っても痛みも出ずに問題ありません。
このように患者本位に考えて治療をしてくれる歯医者さんに通えて良かったです。

初値予想|クレジットカードの即日発行じゃけん|健康マニアによる無病ライフ|貯蓄|童話|GetMoney|お家の見直ししま専科|家計見直しクラブ|生命保険の選び方|サプリメント|英語上達の秘訣|JALカード|工務店向け集客ノウハウ|ショッピングカート|住宅リフォーム総合情報