投稿者「9ocf0zy7h」のアーカイブ

クリニックでいぼ治療

疣治療の現状

いぼができていて邪魔です。できた部分は人差し指の腹で、人差し指は何かをつかむときによく使うため、物をつかむときにいぼを邪魔に感じます。邪魔なのものを取り除きたかったので、クリニックで治療をしました。クリニックでのいぼ治療は、液体窒素を使って行われます。綿棒に液体窒素をつけ、それをいぼに押し当てます。一度では取ることができず、何度か通うことでぽろっと取れるようになります。液体窒素は非常に温度が低く、触れると痛みを感じます。ドライアイスを触ると痛いのと同じです。そのため、いぼ治療はものすごく痛いといわれているのですが、私は治療を受けてもそれほど痛いとは感じませんでした。痛みをそれほど感じないので、治療は苦痛ではありません。何度か通わなければならず、そのたびに痛い思いをするのかと思うと治療に通うことが嫌になりますが、痛くないのでそれはありませんでした。

治療のプロセス

合計で3回ほど通ったと思います。しばらくするといぼがかさかさになって、ぽろっと取れてしまいました。漢方薬やはとむぎ茶を飲むといぼにいいなどいわれていますが、飲むだけで取れるのか疑問です。クリニックの治療で簡単に取れるので、クリニックに通って治療を受けた方がいいと感じました。皮膚はこれまであまり悩んだことがなく、皮膚科に通ったことはなかったのですが、特別に寒くなった冬の時期で、かなり乾燥した空気になっていた時に、ヘアムースをつけ始めたというタイミングで、おでこが荒れてきて、肌に異常がみられるようになりました。

初めての経験後

その時には、そうしたムースをつけることが原因であるということは全くわからず、なぜかおでこが痒い、そして皮膚の皮がむけるという症状が1か月以上続いていて、症状が治まる気配がなかったために、生まれて初めてというクリニックのエステサロンに行くことになりました。約1時間ほど待たされて、名前が呼ばれ、どうしましたかと聞かれたので、おでこの生え際のあたりを見せて、これですと言いました。すると、先生がすぐになにか整髪料などを使っていますかと聞かれ、ムースを使い始めたことを話すと、その液がおでこについてしまうことや、そのムースが肌に合っていないために、荒れてきているので、その使用をやめること、そしてそのおでこに塗る薬を出すので様子を見てくださいということでした。診察はあっという間に終わり、ムースを使うのをやめ、そして薬を塗ると、おでこがみるみるきれいになっていき、数日で炎症が治まるようになりました。医薬品としての薬の凄さを実感した体験になりました。