透析導入後10年を振り返って

糖尿病からの透析

私ではなく夫が10年ほど前から、血液透析導入となりました。結婚当初から、定期的に通院していました。義父からの遺伝と言われていたので、遅かれ早かれ透析は覚悟していたと思うのですが、思っていたよりも早くて、夫よりも私がショックでした。夫の前では暗い顔はできませんでしたが、なかなか受け入れなかったというのが本音です。最初は透析時間3時間で、週2回でしたが、すぐに週3回になり、時間もだんだん長くなり、今は5時間になっています。昼間は仕事をし、夜の部の透析に通っています。

透析病院までの道のり

病院まで車で1時間かかるので、台風や雪の時は特に心配です。でも、病院の方がとても親切で、早目に受けさせてくれたりするので、助かります。透析後、1時間運転して帰らないといけないのですが、きついなどと弱音をはいた事は、一度もない夫は、凄いと思います。現状維持を保つしかありません。もう透析をやめるという事はないので、上手に付き合っていかなければと思っています。