美容外科で憧れの二重まぶたを手に入れよう

日本人の約半数以上が一重まぶたの状態で生まれてくると言われています。しかし、一般的には一重まぶたより二重まぶたの方が目がぱっちりとして見え、人気が高いです。そこで、女性を中心に二重まぶたを手に入れようと、いろいろな方法を行います。その一つの手段が、美容外科で行う「美容整形」です。二重まぶたをつくる手術には大きく二種類があります。それは「埋没法」と「切開法」です。埋没法は、まぶたの裏から髪の毛より細い糸を通して結ぶことで二重をつくる方法です。切開法は、まぶたの表面に二重のラインに沿って切り込みを入れることで、二重にする方法です。基本的には、自然な仕上がりでダウンタイムも短い(一週間ほど)である埋没法が手が出しやすく人気があります。料金も安ければ1万円程度で行ってくれる美容外科もあります。しかし、まぶたが厚いと埋没法の糸がすぐに取れてしまい、一重まぶたに戻ってしまう場合があります。そのような場合は、後戻りが少ない切開法で二重を作るのがオススメです。切開法であれば、切開した部分から脂肪を取り除きまぶたの厚さを改善することも可能です。ですが、切開法はとても技術のいる手術なので、実績のある美容外科を選ぶように気を付けましょう。